店員名古屋にある新京は、1969年創業の先代店主が開発したラーメンが看板メニューになります。このラーメンは、愛知県の一宮市で誕生してから名古屋へそして全国に広がったラーメンです。こちらのお店で開発されたラーメンはベトコンラーメンと呼ばれるものです。ベトコンラーメンは、ベストコンディションラーメンの略となっておりこのラーメンの開発は戦前までさかのぼることになります。

新京の先代当主が、昭和10年後の当主の父が満州の新京市で経営するお店でボーイとして働いていた人が作ってくれた中国の食べ物の中にベトコンラーメンの原型のそばがありました。終戦のときには働かなければ食べられない状態になってしまったことで、お店のボーイがやり始めた料理店や街頭のラーメン屋で先代当主が働いた経験がこのラーメンの開発に生きてきます。

その後父が日本で会社を興しその会社で調理を担当していた人物が新しくラーメンを作ってくれた時に満州時代を思い出させる懐かしい味でこの味を基礎としてベトコンラーメンを開発しました。

このベトコンラーメンの上は、食べて元気になるようにスタミナの元となるにんにくやもやしがたくさん入っているラーメンです。そして一味の辛さがプラスされることでやみつきになる人が増えてたちまち人気となったラーメンです。現在でも提供しているので名古屋のこちらのお店でベトコンラーメンを食べることができるでしょう。

次頁…スガキヤのラーメン